キッチン騎士  屋台騎士、未知との遭遇。 

  「おっ!!なんだ!なんだ!こんな所にいつのまにか変な屋台がでているぞ!!」 「ほんとだ!!誰の断りを得てここで商売してるんだ!!」 バットマン騎士とスパイダーマン騎士が屋台の傍にやってきた。
a0214371_10264043.jpg
  「だけど、何やら良い匂いがするぞ!これは、おでんの匂いだ!」 「まぁ、脅しをかける前に一丁味を確かめてみるか?」 
a0214371_10334943.jpg
                   おでんの誘惑に負け、客として屋台に入る騎士2人。
a0214371_10341384.jpg
                       「へい!!いらっしゃい!!」
a0214371_10352082.jpg
                     「おやっさん。まずは熱燗つけて。」
a0214371_10561326.jpg
                   「あとは、おでん適当におすすめのやつをちょうだい!」
a0214371_10383477.jpg
                「はいよ!熱燗とおでんおすすめね!ちょっと待ってちょうだい。」
a0214371_10412384.jpg
  熱燗とおでんを楽しみに待っている騎士2人の耳に突如あの騒音が聞こえてきた。  「なんだ!?なんだ!?」 
a0214371_10472988.jpg
                  「石やぁ~きいも~!!焼ぁ~きたて~!おいも~!!」
a0214371_10493653.jpg
                     「おいし~!おいし~!おいもだよ~!!」
a0214371_10504838.jpg
 「だからなんなんだ。うるさい。」 と心の中で呟いているバットマン騎士とスパイダーマン騎士であった。
[PR]
by nanahachiya | 2012-01-13 15:30 | キッチン騎士 | Comments(0)