天才 手塚治虫。

   中学生の頃、「ブラックジャック知ってる?」と聞かれ、「トランプのゲーム。」と答えていた私は、手塚治虫は知ってはいたもののなんか古臭い漫画のイメージでまるで興味を示さなかった。しかし、この何年かのあいだやたらとハマリだして、古本屋に行っては読んだ事のない作品を見つけ出したりしていた。まずは、ブラックジャックから始まり、相棒の家にあった「アドルフに告ぐ」にみせられ、
a0214371_19422295.jpg
          「きりひと讃歌」で現実離れした世界に酔い、
a0214371_19451914.jpg
         「奇子」で完全に手塚ワールドの虜に。
a0214371_19494936.jpg
        他にも「ブッダ」などたくさんありますが、今日はこの辺で。
[PR]
by nanahachiya | 2011-08-03 19:53 | 漫画 | Comments(0)